湯瀬勝美の顔画像は?交際相手の息子を虐待していた理由がやばすぎる・・・

交際相手の息子の男子中学生の下腹部をハサミで切りつけてけがをさせたとして、50歳の男が逮捕されました。

逮捕された湯瀬勝美容疑者の顔画像やその動機について調査してみました。

スポンサーリンク



事件の概要

交際相手の息子の男子中学生の下腹部をハサミで切りつけてけがをさせたという事件が起こりました。

その事件の詳細をみてみましょう。

逮捕されたのは由仁町三川旭町の自称・会社員、湯瀬勝美容疑者(50)です。
警察によりますと湯瀬容疑者は、9月23日の午後、札幌市白石区の交際相手の女性の自宅で、女性の息子で14歳の中学2年生の男子生徒の下腹部をハサミで切りつけて全治2週間のけがを負わせたとして傷害の疑いが持たれています。
男子生徒が学校の教諭に相談して事件が発覚したということで、警察は捜査を進めた結果、容疑が固まったとして23日夜、男を逮捕しました。
警察の調べに対して男は「ハサミは向けたが切ってはいない」と容疑を否認しているということです。
警察によりますと男子生徒は以前にも湯瀬容疑者から暴力を受けた疑いがあり、児童相談所に一時的に保護されていました。
警察は、日常的に虐待を繰り返していた疑いがあるとみて事件のいきさつなどを詳しく調べています。

NHK NEWS WEBより引用

湯瀬勝美容疑者のプロフィール

氏名:湯瀬勝美

年齢:50歳

職業:会社員

住所:北海道夕張郡由仁町三川旭町幌

湯瀬勝美容疑者の顔画像やFacebookは?

そんな湯瀬勝美容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

調査してみましたが、ニュースなど報道されているもので、顔が出ているものはありませんでした。

こちらは情報が入り次第更新していきます。

出典:HBC

ちなみに Facebookについても調べてみました。

ただ本当に本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。気になる方は、こちらから見てみてください。
Facebookアカウントの検索結果

スポンサーリンク

交際相手の息子を虐待していた理由は?

今回の事件は、交際相手の息子の股間を刃物で切りつけるという事件でした。

では、なぜ交際相手の息子にそんなことをしたのでしょうか?

報道では、その動機について詳しいことは公開されていなかったためあくまで推測ですが・・・

・交際相手の息子が犯行的であったため
・ちょっとしたイタズラのつもりだった
・交際相手の息子にお金の要求する際の脅し(お金は母親から奪うよう指示か?)
実は交際相手の息子に興味があった

などということが考えられます。

息子も中学生ですから、母親の交際相手ともなると警戒しますよね。

もしも、湯瀬勝美容疑者がその息子に興味があって母親に近づいたということだったら、もはや恐怖でしかないですね・・・

ただ、こちらの動機についてはあくまで推測です。

詳しい情報が明らかになれば更新していきます。

交際相手の母親は何をしていた?

もしも、日常的に息子が虐待を受けていたとしたらその母親は何をしていたのでしょうか?

このことについても調査してみましたが、その詳しいことは公開されていませんでした。

もしかすると、母親がいない隙に暴行を加えていたのかもしれません。

または、母親にも飛び火がくるため見て見ぬ振りをしていた可能性も否定できませんよね。

こちらは詳しいことが明らかになれば更新していきます。

犯行現場はどこ?

今回、犯行現場となった場所は、札幌市白石区の交際相手の女性の自宅とのことです。

その場所は報道などに公開されていないため、地図で調査してみました。

こちらは詳しい場所までは特定できていないため、情報が入り次第更新していきます。

ネットの反応

中学生にとって、血の繋がってない交際相手は非常に嫌だろう。母親も中学生の息子がありながら、家に男を連れ込むのはどうかしてる。

Y!ニュースより引用

思春期の難しい時にもっと配慮が必要だったのでは?
今回の事件で破談だね

Y!ニュースより引用

使えなくなる心配はないのかな?
大丈夫かな。

Y!ニュースより引用

母親との交際はカムフラージュ。狙いはこの男子中学生。

Y!ニュースより引用

刃物で刺したが殺す気はなかった 鋏を向けたが切ろうとは思わなかった とかもうやめようよ
刃物は切れるから怪我したり殺めたりするもんだ 鋏もそう! 切れます こんな言い訳で罪が軽くなるなんてナンセンス

Y!ニュースより引用

またもやこのような事件が起きてしまいました。

交際相手の息子にこんなことするようであれば、母親も考えなければいけませんよね。

湯瀬勝美容疑者に関してはしっかり反省してほしいものです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク