山本義一の顔画像は?危険すぎる煽り運転!!動画の存在は?

群馬県内の高速道路で、幅寄せや急ブレーキを繰り返した挙げ句、相手のトラックに自分のトラックを衝突させるなどした疑いで、運転手の男が逮捕されました。

逮捕された山本義一容疑者の顔画像やその動画について調査してみました。

スポンサーリンク



事件の概要

高速道路で、幅寄せや急ブレーキを繰り返した挙げ句、相手のトラックに、自分のトラックを衝突させるなどしたという事件が起こりました。

その事件の詳細をみてみましょう。

群馬県警は14日、トラックの前に進入し急ブレーキをかけたり幅寄せしたりして男性にけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで京都府の運送会社のトラック運転手、山本義一容疑者(42)=福井県越前町米=を逮捕した。被害車両のドライブレコーダーに記録されていた一部始終の映像が決め手となった。

逮捕容疑は5月10日午後6時5分ごろ、群馬県富岡市の関越自動車道を大型トラックで走行中、埼玉県熊谷市の男性(24)のトラックを危険な速度で追い抜いて前方に進入し、急ブレーキをかけて進路妨害したり、幅寄せして自車を衝突させたりして男性に首の捻挫などの軽傷を負わせたとしている。容疑を認めている。

捜査関係者によると、映像は動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされ、2万回以上再生されているという。

izaより引用

山本義一容疑者のプロフィール

氏名:山本義一

年齢:42歳

職業:トラックの運転手

住所:京都府

山本義一容疑者の顔画像やFacebookは?

そんな山本義一容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

調査してみましたが、ニュースなど報道されているもので、顔が出ているものはありませんでした。

こちらは情報が入り次第更新していきます。

出典:FNN

ちなみに Facebookについても調べてみました。

ただ本当に本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。気になる方は、こちらから見てみてください。

Facebookアカウントの検索結果

スポンサーリンク

現在動画はあるのか?

では、その問題のあおり運転が行われ衝突までされた動画はあるのでしょうか?

その動画はこちらで探してみましたが、どこにも見当たりませんでした。

もしかすると、相手側の勤務先から削除依頼が来たか、もともと逮捕されることが目的だったので逮捕されたので動画を削除した可能性があります。

報道内ではその動画を公開していましたので、静止画ですがこちらをご覧ください。

出典:FNN

山本義一容疑者の乗るトラックが左右に幅寄せしてきます。

出典:FNN

こちらの2枚目の画像では、幅寄せの後フロント部分に衝突している様子です。

出典:FNN

そのまま走り去っていきました。

この動画はYouTubeに投稿されているようですので、気になる方はこちらから調べてみてください。

ちなみに「あおり運転 トラック」で調べてもそれらしき動画は見当たりませんでした。

YouTube 「あおり運転 トラック」

犯行現場はどこ?

今回、犯行現場となった場所は、上信越道下り線の富岡市神農原付近とのことです。

その場所は報道などに公開されていないため、地図で調査してみました。

近くで運転していたドライバーはかなり怖い思いをしていたのではないでしょうか?

動画を見る限り、まだ昼間か夕方あたりでしたからね・・・

ネットの反応

故意にぶつけた割には逃げて、連行されるときは顔を隠して。
40年、何を学んできたのやら。

Y!ニュースより引用

車に乗ると気が大きくなるのかねぇ、特にトラックだと大きいから自分が強くなった気がするんだろうねー、ってかプロドライバーの自覚が無い奴にトラック乗せるな

Y!ニュースより引用

車の免許が無くなったら、仕事が無くなるのに、それがわからないのは脳に障害があるんだと思う。

前頭葉が萎縮してるから理性を無くしてしまってるのだと思う。

治らないのかもしれないけど、脳の病気だから病院にも行くべきだと思う。

Y!ニュースより引用

煽り運転をする者は、回りが避けているから事故にならないことを、自分の運転技術があると勘違いする。
新聞も読まず、ニュースも見ず、自分の愚行に気づくことなく毎日の様に煽り運転を繰り返す。
捕まったり、事故を起こしても、責任は相手にあるとして反省もしない。
煽り運転をする愚か者が減らないはずである。

Y!ニュースより引用

あおり運転に対する罰則を強化しない限りこういう事件はなくならない。
免取では甘い。永久免許取り消し位しなければ。

Y!ニュースより引用

トラックの運転手による危険運転は多いような気がします。

大きい車に乗ると気が大きくなるということもあるのでしょうが、会社側も注意喚起を呼びかけてほしいものです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク