斉藤久美子の診断が判明!!もう高齢者の運転はなくなる??

神奈川・茅ケ崎市で、車にはねられ4人が死傷した事件。

逮捕された斉藤久美子容疑者の免許更新のための検査結果が明らかになりました。

スポンサーリンク

免許更新の検査結果は?

斉藤容疑者は2018年3月、ゴールド免許に更新しているが、2017年12月に受けた、免許更新のための検査で、「認知機能低下のおそれなし」と判定されていた。

FNNより引用

診断では、問題なかったとのことです。

しかし、なぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか?

家族によると・・・

一方で、家族によると、斉藤容疑者には軽い白内障があり、免許返納を検討していたという。

斉藤容疑者の長男は、「免許とって、もう50年くらいですね。そろそろ(運転を)やめると本人も言っていたが、ズルズル来ちゃった感じですよね」、「返納は、免許更新のときですよね。今回は見逃したか」などと話した。

FNNより引用

と、白内障の診断があり、運転も検討していたとのことです。

90歳にもなると、どこかしらに身体的異常があってもおかしくありません。

今後の高齢者の運転について、国でも議論がされていくかもしれませんね。

高齢者の運転はなくなる??

今回の事件で明らかになったのが、認知機能の低下がなくても事故を引き起こす可能性が高いということです。

これまでも高齢者が乗る車で、いつの間にか事故を引き起こしていたという事件がありました。

今年1月9日の朝、前橋市内で自転車に乗って学校の始業式に向かう女子高校生2人が車にはねられ、意識不明の重体となった。車を運転していたのは85歳になる男性だった。

http://president.jp/より引用

これら事故を引き起こしている、高齢者の運転を見直す運動がこれから強くなってくるのではないでしょうか?

もしかしたら、年齢制限を設けて今後は免許強制返還という時代に突入するのかもしれません・・・

事件の概要

90歳の女性が運転した車が歩道に突っ込み4人が死傷した事件が起こりました。

事件の詳細をみてみましょう。

28日午前10時55分ごろ、神奈川県茅ケ崎市元町の国道1号交差点で、乗用車が横断歩道の歩行者らを巻き込みながら、脇の歩道に突っ込む事故があった。この事故で1人が死亡、3人が軽傷を負った。県警は、乗用車を運転していた同市若松町の無職斉藤久美子容疑者(90)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで逮捕し、発表した。

朝日新聞より引用

出典: NNN

斉藤容疑者は「車を運転して事故を起こしたことは間違いない」と容疑を認め、被害者に対して「ごめんなさい」と繰り返しているという。任意の調べの段階では「信号は赤だったが歩行者が渡っていなかったので発進した。歩行者が渡り始めたのが見えたので、ハンドルを切った」と説明したという。

朝日新聞より引用

出典: NNN

スポンサーリンク

斉藤久美子容疑者のプロフィール

氏名:斉藤久美子

年齢:90歳

住所:神奈川県茅ケ崎市若松町

職業:無職

運転した車が歩道に突っ込み4人を死傷させた疑いで逮捕されました。

斉藤久美子容疑者の顔画像やSNSは?

そんな斉藤久美子容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

ニュースで報道されているもので、顔が出ているものがありました。それがこちらです。

出典: FNN

スポンサーリンク

事故現場はここ!!

今回、事故が起こった場所が、神奈川県茅ケ崎市元町の国道1号交差点とのことです。

その場所がこちらになります。

ネットの反応

「赤信号とわかっていたが、歩行者が渡り始めていないので行けると思った」
こんな判断する人がゴールド免許?
あんなおばあさんが運転してるの見たら、実際引くし近づきたくない。

Y!ニュースより引用

後ろに羽のついた赤い派手な車で、

赤信号無視上等で人殺して・・・

免許の更新制度を抜本的に変えないと、まだまだ
老人に若い人達がひき殺される

Y!ニュースより引用

青だからと言って安心して横断歩道渡れなくなった

Y!ニュースより引用

神奈川なら車無くても何とか生活できるでしよ。

免許取り上げるにしても、他方の移動手段を何とかしないと。

Y!ニュースより引用

やはり、ゴールド免許で信号無視ということに関して非難の声が多くあがっていました。

とは言え、もし免許強制返還が出ることになれば、今後高齢者の移動手段がなくなるのも大変ですよね。

そこに関しては、宅配サービスや介護タクシーの料金を安くするなどの対策が必要なのではないかと思います。

国の政策など、今後が気になりますね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク