ソボクな疑問・・・ラジオ体操の声の人って?

みなさん、ラジオの声の人って誰?って思ったことありませんか?

そこで、みなさんも気になる声の主を調べてみようと思います。

スポンサーリンク



声はこの人だった!?

ラジオ体操は今では小学校の時の朝の体操として記憶残っています。

よく夏休みに朝早く起きてハンコ貰ってましたよね?(笑)

現在も続いているラジオ体操ですが、その声の主

特に代表的な3人を紹介したいと思います

柳川英麿(やながわ ひでまろ)


出典:fineday

1970年代から1985年まで指導を行っていました。

戦後の長い間、最後のセリフは「担当は柳川、ピアノは大久保でした」だったそうです。

青山敏彦(あおやま としひこ)


出典:radi-con

柳川の後任指導チーフで、日本体育大学体育学部を卒業していました。

現在は、NPO法人全国ラジオ体操連盟副理事長しているそうです。

長野信一(ながの しんいち)


出典:radi-con

1981年から2010年までラジオ体操指導者を務め、長野さんは青山さんの後任となっていました。

その後、相模原市ラジオ体操連盟の会長に就任しています。

現在では、学校や企業等のイベントで体操指導をしており、高齢者への指導も行っているとのことです。

私たちの世代ではこの方が一番ピンとくるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ラジオ体操の歴史

ちなみにラジオ体操のルーツって知っていました?

なんとはじめはアメリカが発祥だったそうです。

日本が最初に始めたのだとばかり思っていましたが・・・

ラジオ体操は、以前「国民保健体操」という名前だったそうです

この国民保健体操は健康体操「メトロポリタンライフ ヘルス エクササイズ」を参考に作ったといわれています。

この体操は、なんとアメリカの生命保険会社「メソットライフ」が考案したそうです。

また、放送のきっかけは1925年にラジオ放送にて体操プログラムを流したことが大反響だったようで、それが起源となり現在までに至るというわけです。

そういえば、今「健康寿命を延ばす」という言葉をよく聞きますよね?

ラジオ体操って、小学生、中学生がするイメージですけど実はものすごい効果を秘めているのではないでしょうか?

ラジオ体操の効果

先ほども言いましたが、健康寿命を延ばすといった点でもラジオ体操は効果的だと言われています。

しかし、さらになんとラジオ体操にダイエット効果もあるってご存知でしたか?

ラジオ体操の消費量は第一のみでも卓球を行うのと同じくらいだそうです。

また、第二まで行うとテニスを行うくらいだとか・・・

え?たった3分程度なのに?

侮ってはいけません。

このラジオ体操を行うことで得られる効果としては

1.姿勢の矯正

2.血流促進

3.便秘解消

4.筋肉の緊張軽減

意外とありますよね?

あなたも健康寿命を延ばすために是非おこなってみてはどうでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

実は私も週4、5回は行っているんです。

調べる前から行っていたんですが、知るとさらにやる気が出てきますよね!

これからも続けていこうと思います(笑)

スポンサーリンク