野田孝史の顔画像やSNSは?シュノーケリング中に溺死させた!?その動機とは?

2017年7月、和歌山県の海水浴場で、シュノーケリングをしていた妻を溺れて亡くなったと見せかけ殺害した疑いで、男が逮捕されました。

野田孝史容疑者の顔写真はあるのか?また、動機はなんなのか調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

シュノーケリングをしていた妻を溺れて亡くなったと見せかけ殺害したという事件が起こりました。

事件の詳細をみてみましょう。

野田容疑者は2017年7月、和歌山・白浜町の海水浴場で、一緒にシュノーケリングをしていた妻の志帆さん(当時28)を溺れさせて、殺害した疑いが持たれている。

事件当時、野田容疑者は、警察の事情聴取に対し、「10分くらいトイレに行って戻ったら浮いていた」と話したという。

志帆さんが店長をしていた店の経営者は、「ご主人も(病院で)すごく泣いていた。『きれいだよ、きれいだよ』って言ってたから、一番ご主人がショックだろうなって」と話した。

事件当時は、波が穏やかで、志帆さんは、ダイビングが得意だったことなどから、不審に思った警察が捜査を進め、逮捕に至った。

調べに対して、野田容疑者は、黙秘しているという。

FNN PRIMEより引用

1年も前の話なんですね。

ここにきて逮捕に至ったということは、それほど怪しい出来事でもあったのでしょうか?

その動機については後ほど書いていきます。

そんな、野田孝史容疑者について調べてみました。

野田孝史容疑者のプロフィール

氏名:野田孝史

年齢:29歳

職業:運転手

住所:大阪市天王寺区

シュノーケリングをしていた妻を溺れて亡くなったと見せかけ殺害した疑いで逮捕されました。

野田孝史容疑者の顔写真やSNSは?

そんな野田孝史容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

調査してみましたが、ニュースなどで報道されているもので、顔が出ているものはありませんでした。

わかり次第更新していきます。

出典: FNN PRIME

報道にて顔写真が公開されていましたので更新します。

ちなみに Facebookについても調べてみました。

ただ本当に本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。気になる方は、こちらから見てみてください。
Facebookアカウントの検索結果

動機はなんだったのか?

一体、動機はなんだったのでしょうか?

考えられるとすれば

別の女性がいた
妻に大きなトラブルがあった
借金があった

などだと思います。

しかし、現段階では、野田孝史容疑者が殺害したのかどうかというところでもあるので、あくまで推測になります。

こちらは、わかり次第更新していきたいと思います。

追加情報:妻の志帆さんとは別居していた?

新たな情報として、野田容疑者と妻の志帆さんは別居していたことが明らかとなりました。

また、今回の事件に関しては、保険金狙いではないかと言われているそうです。。

それについて、報道では

志帆さんの元同僚「別居していたというのは聞いていた。(野田容疑者は)昔からよくお金を使うほうだったみたいなので、あるお金は使っちゃう、欲しいものは買っちゃうと聞いていた」

また、事件の数か月前から、お互いを受取人とする数千万円の生命保険に加入していたということで、警察は事件の経緯を詳しく調べている。

日テレNESW24より引用

このことからも金銭関係で夫婦間でもトラブルがあったものと考えられます。

知人の証言

殺害されたと思われる、志帆さんが店長をしていた店の経営者のコメントがありました。

それがこちらです。

出典: FNN PRIME

出典: FNN PRIME

この様子からは、まさか殺害した!?とは思いませんよね。

もしこれで殺害していたのなら相当の演技上手ですね・・・

スポンサーリンク

犯行現場は?

今回、殺害したと思われる場所が、和歌山県の海水浴場とのこと。

その場所がこちらになります。

二人でシュノーケリングをしていたなら、もしかすると人目のつかないところまで行っていたのかもしれませんね。

ネットの反応

妻の七日間という夫婦がいるかと思えば、疑惑の夫婦。
全く対照的。

Y!ニュースより引用

状況証拠しかなく、自供なきゃ逮捕無理なんじゃないの

Y!ニュースより引用

否認しないって辺り…やったね。

Y!ニュースより引用

黙秘する理由が解らない。悪いことをしていないのであれば、応えられると思う。

Y!ニュースより引用

スポンサーリンク

まとめ

現在は、取り調べに対して黙秘しているとのことなので、詳しいことなどはわかっていません。

今後、この事件に関しては、何か進展があると思われますので、わかり次第更新していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク