松本連雄馬の顔画像やSNSは?落とした施設はどこ?ニット帽の中に大麻!?

落としたニット帽の内ポケットに大麻草が入っていたという事件で、25歳の男が逮捕されました。

逮捕された松本連雄馬容疑者の顔画像はあるのかなど調べてみました。

スポンサーリンク



事件の概要

事件の詳細をみてみましょう。

愛知県警中署は27日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、同県豊田市亀首町下西山の工員、松本連雄馬容疑者(25)を逮捕した。中署によると、松本容疑者が落としたニット帽の内ポケットに大麻草が入っていたという。

 逮捕容疑は2月13日午後8時半ごろ、名古屋市中区栄の商業施設内で、大麻草約2・5グラムを所持したとしている。容疑を認めている。

 同施設の警備員が、施設内にあったニット帽を落とし物として同署に届けたところ、チャック付きの内ポケットの中に大麻草が入ったポリ袋2袋が見つかったという。防犯カメラの映像などから浮上した。

izaより引用

松本連雄馬容疑者のプロフィール

氏名:松本連雄馬

年齢:25歳

職業:工員

住所:愛知県豊田市亀首町下西山

松本連雄馬容疑者の顔画像やSNSは?

そんな松本連雄馬容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

調査してみましたが、ニュースなど報道されているもので、顔が出ているものはありませんでした。

こちらは情報が入り次第更新していきます。

ちなみに Facebookについても調べてみました。

ただ本当に本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。気になる方は、こちらから見てみてください。

Facebookアカウントの検索結果

スポンサーリンク

落とした施設はどこ?

今回、犯行現場となった場所は、 名古屋市中区栄の商業施設内とのことです。

その場所は報道などに公開されていないため、地図で調査してみました。

ただ、こちらの場所までは特定されませんでした。

情報が入り次第更新していきます。

まとめ

今回は、25歳が落としたニット帽内に大麻が入っていたという事件についてでした。

こういった感じでどこにでも大麻が存在している可能性もあるため、怖いですよね。

特に、商業施設内での出来事ですので住民の方も非常に怖い思いをしたと思います。

しっかり、更生してきてほしいものです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク