鴻巣花火大会2018の屋台の場所や種類は?日程、駐車場も紹介!?

世界一の大玉としてギネスにも認定された四尺玉で有名な鴻巣花火大会

今年も秋の風物詩として10月に開催されます。

そこで今回は、鴻巣花火大会2018の屋台情報や日程、駐車場について紹介していきます。

スポンサーリンク



鴻巣花火大会2018の日程やアクセス

日時 10月13日(土) 18:00~20:00
場所 糠田運動場および荒川河川敷
地図
アクセス ◆電車の場合
JR高崎線「鴻巣駅」西口より徒歩30分
◆車の場合
関越自動車道東「松山IC」より約40分
首都高速道路「与野IC」より約60分
お問い合わせ 鴻巣市商工会青年部
TEL:048-543-1634

屋台情報


引用:https://flyfsa.com

お祭りといえば、やはり屋台は欠かせません。

鴻巣花火大会にもたくさんの屋台が並びます。

また、会場は3か所にあるということですので、場所もチェックしておくといいと思います。

そこで屋台の場所や種類について以下にまとめておきました。

屋台の場所や時間

屋台の時間帯は、早いところで昼からの営業とのことです。

なので12:00〜20:30までの営業となります。

場所については以下に紹介しています。

場所 地図
糠田運動場
吉見総合運動公園
御成橋下会場

屋台の種類は?

過去の屋台の種類は以下にまとめています。

◆食べ物系
・お好み焼き
・フランクフルト
・焼きそば
・イカ焼き
・からあげ
・じゃがバター
・かき氷
・クレープ
・いちご飴
・チョコバナナ
・わたあめ
・・・など

◆飲み物系
・ラムネ
・ビール
・トロピカルフルーツ
・・・など

◆遊び系
・金魚すくい
・お面屋
・・・など

あれば行くべし!!鴻巣のB級グルメ

B級グルメ、それはその地域ならではの食です。

鴻巣市にも有名なB級グルメはあります。

過去にも出店していたこともあるので、見つけたら是非食べることをオススメしたいものを紹介します。

こうのすコロッケ

#つけしん#こうのすコロッケ#コロッケ#鴻巣#埼玉

@ whitebirdtoursがシェアした投稿 –

中身はじゃがいもと玉ねぎと普通のコロッケのようですが、この「こうのすコロッケ」は毎回揚げたてを頂けるようです。

食感はなんともクリーミーで、昔を思い出す味に仕上がっています。

見つけたら、ぜひ食べに行くことオススメします。

ゼリーフライ

まず名前から、すごく惹かれますよね。

こちらは、ゼリーを揚げているというわけでありません。

おからを主としたものをパン粉などの衣を使わずに素揚げしたコロッケになります。

このゼリーフライもあまり知られていないB級グルメですので、ぜひ一度食べてみることをオススメします。

鴻巣花火大会2018の花火は?


引用:https://sp.jorudan.co.jp/

鴻巣花火大会は、埼玉県鴻巣市で毎年開催される世界一の大玉としてギネスにも認定された花火大会です。

音楽と花火を融合したスターマインが見どころであり、見たことがないという人は必見です。

↓↓鴻巣花火大会の様子↓↓

鴻巣花火大会2018の駐車場は?

ここでは、車で来られた人向けに周辺の駐車場情報を紹介していきます。

ぜひ、参考にされてください。

吉見総合運動公園駐車場

住所 埼玉県比企郡吉見町今泉141
台数 2,000台
料金 1日 2,000円
地図

糠田メイン会場第2会場駐車場

住所 埼玉県鴻巣市糠田
台数 1,000台
料金 1日 2,000円
地図

鴻巣駅東口第1駐車場

住所 埼玉県鴻巣市本町1丁目
台数 732台
料金 入庫後1時間無料 以降30分毎 100円
地図

鴻巣駅東口第2駐車場

住所 埼玉県鴻巣市本町1丁目
台数 65台
料金 入庫後1時間無料 以降30分毎 100円
地図

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、鴻巣花火大会2018の屋台情報や駐車場などについて紹介していきました。

ギネスに認定された花火というのもなかなかないと思いますので、ぜひこの秋一度見に行かれてはどうでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク