滑川和子の顔画像やSNSは?83歳が89歳女性をはねる!?

千葉県旭市で89歳の女性が83歳の女の運転する軽乗用車にはねられて死亡しました。

滑川和子容疑者の顔画像はあるのか調べてみました。

スポンサーリンク

事件の概要

千葉県で83歳の運転する軽乗用車に89歳の女性がはねられて死亡する事件が起こりました。

事件の詳細をみてみましょう。

警察によりますと、5日午前9時55分ごろ、旭市の県道で滑川和子容疑者の運転する軽乗用車が近くに住む在田雅子さんをはねました。在田さんは全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されました。軽乗用車はフロントガラスが割れ、左前面が大きくへこんでいることから、かなりのスピードが出ていたとみられています。滑川容疑者は、調べに対して「はねてしまったことは間違いない」と供述しているということです。警察は目撃者の話を聞くなどして、詳しい事故の原因を調べています。

テレ朝newsより引用

はねてしまったことについては、滑川和子容疑者も認めているようです。

車の状態からもかなりのスピードが出ていたのでしょう。

そんな滑川和子容疑者について調べてみました。

スポンサーリンク

滑川和子容疑者のプロフィール

氏名:滑川和子

年齢:83歳

職業:無職

89歳の女性をはねて死亡させた疑いで逮捕されました。

滑川和子容疑者の顔画像やSNSは?

そんな滑川和子容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

調査してみましたが、ニュースなど報道されているもので、顔が出ているものはありませんでした。

わかり次第更新していきます。

出典: ANN NEWS

ちなみに Facebookについても調べてみました。

ただ本当に本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。気になる方は、こちらから見てみてください。

Facebookアカウントの検索結果

スポンサーリンク

かなりのスピード?車の状態がやばい

出典: ANN NEWS

出典: ANN NEWS

軽乗用車はフロントガラスが割れ、左前面が大きくへこんでいることから、かなりのスピードが出ていたとみられています。

テレ朝newsより引用

上記の画像をみても、破損具合がかなりのものだったということがわかりますよね・・・

事件のあった道路の法定速度が何キロだったのかということはわかりませんが、かなりのスピードだったのだとみられています。

しかも、衝突したのが89歳の方であれば、身体的ダメージは成人男性の何倍だったのではないでしょうか。

そう考えると非常に痛ましい事件ですよね・・・

犯行現場はどこ?

今回、事件の起こった場所が、千葉県旭市の県道とのことです。

その場所がこちらになります。

出典: ANN NEWS

ちなみに地図で示すとこちらになります。

現場を見る限りでも、片道1車線の道であるため法定速度も60キロもなかったのではないかと思われます。

スポンサーリンク

ネットの反応

この事件の容疑者は、かなりの高齢者であったことからネットの反応でも高齢者の運転についての意見が書かれていました。

しっかりしてる方には申し訳ないが、白髪の爺ちゃん、婆ちゃんが運転してると、止めてくれって思ってしまう。

物に当たるぶんにはお金で解決出来るけど、人を怪我させたらお金では解決出来ない。。

Y!ニュースより引用

この犯人はどうか分かりませんが、高齢になり認知機能の衰えとともに凶暴になる方が多いと聞きます。認知症と診断されていなくても、怒りっぽくなった、と感じたら周りの人間が免許を取り上げるべき。高齢者の起こした交通事故には家族にも罰を与えないと真剣に取り組まないのではないでしょうか。

Y!ニュースより引用

老人は視野が狭く、感覚が鈍くなっていると思う。
一旦停止もいいかげんで、大事故になりそうな時でも、何事もなかったかのように普通に行ってしまう。
このGW中、なんでもない道での渋滞先頭は高齢ドライバー。
老人の、周りを見れない自覚がないことが怖い。

Y!ニュースより引用

一方でこんな意見もみられました。

私も車がないと暮らせない田舎に住んでるけど、50年後、ハンドル握ってるのかなぁ….….。
高齢ドライバーには国が補助金出しても自動ブレーキ付きの車に乗ることを義務づける。でも、高齢者に国のお金裂いちゃうと、出産、子育て支援が疎かになるだろう。どうしたものか

Y!ニュースより引用

田舎暮らしであると、どうしても車が必要であるため、この問題の対策も今後考えていかないと将来が危ないですよね。

依然として減らない高齢者の事故ですが、年とともに認知機能や視野の狭小が進み、非常に危険であることは間違いありません。

この高齢者の運転についても政府でもっと議論してほしいですよね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク