萩原恭子の顔画像やSNSは?息子を殺害した動機は?

息子にインスリンを投与して殺害しようとしたとして、母親が逮捕されました。

萩原恭子容疑者の顔画像はあるのか?また、動機はなんだったのか調べてみました。


スポンサーリンク

事件の概要

母親が息子にインスリンを投与して殺害しようとしたという事件が起こりました。

事件の詳細をみてみましょう。

萩原恭子容疑者(47)は去年1月、山梨県南アルプス市の自宅で当時10代の次男にインスリンを投与し、殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、次男は一時、心肺停止の状態になりましたが、現在は回復しています。去年10月に児童相談所から「インスリンを打たれた子がいる」と通報があり、警察が虐待の疑いで捜査していました。次男はインスリンが必要な病気にはかかっていませんでした。萩原容疑者は「投与していない」などと容疑を否認しています。

テレ朝newsより引用

出典: ANN NEWS

出典: ANN NEWS

出典: ANN NEWS

現在、インスリンを打たれた次男は回復しているとのことで、本当に良かったですよね。

しかし、一体なぜ病気でもない次男にインスリンを打ったのでしょうか?

それについては後ほど書いていきます。

そんな、萩原恭子容疑者について調べてみました。

萩原恭子容疑者のプロフィール

氏名:萩原恭子

年齢:47歳

住所:山梨県南アルプス市

職業:不詳

次男にインスリンを投与して殺害しようとした疑いで逮捕されました。

萩原恭子容疑者の顔画像やSNSは?

そんな萩原恭子容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

調査してみましたが、ニュースなど報道されているもので、顔が出ているものはありませんでした。

こちらは分かり次第更新していきます。

ちなみに Facebookについても調べてみました。

ただ本当に本人のものなのかは分かりませんので、ここでの公開は控えさせて頂きます。気になる方は、こちらから見てみてください。
Facebookアカウントの検索結果

スポンサーリンク

犯行動機とは?

一体、なぜ次男にインスリンを投与したのでしょうか?

現在のところ、報道などでも詳しいことはわかっていないようです。

次男も10代であり、思春期真っ只中なので親への反抗などでストレスが溜まっていたのかもしれませんね。

それで殺害しようとしてしまったのかも・・・・

あくまで推測ですので、動機が分かり次第更新していきます。

犯行現場はどこ?

今回、犯行を行った場所が、山梨県南アルプス市の自宅とのことです。

その場所がこちらになります。

出典: ANN NEWS

ちなみに地図で示すとこちらになります。

スポンサーリンク

まとめ

インスリンは、急激に血糖値を下げる効果があります。

主に糖尿病の方が使用するのですが、健常な人が使用すると、めまい、頭痛などの症状が出るとともに命の危険もあります。

このことを知った上で、犯行に及んだということは、もしかすると医療関係の方なのかもしれません。

なんにせよ、あと少しで息子の命を奪うところでしたよね。

現在のところは犯行を認めていないため、なんとも言えませんが、本気で殺害しようとしていたのなら残念な事件です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。